茨木県は関東でも水戸黄門が江戸時代に収めていた場所ということで覚えている人も多いのではないでしょうか。

県庁所在地は水戸市ですが、人口300万人の自治体です。

関東地方の北東にあり、千葉県も埼玉県との行き来、そして東京への行き来も活発に行われている場所です。

しかし同じ茨城県内でも場所によってはかなり特徴が違っているのが特徴です。

最近の特徴としてはつくばエクスプレスが開業したことや茨木空港が開港したこと等が大きな変化でしょう。

交通インフラの整備は着々と進んでいます。

県内に新しい動きがこれからも見られるのではないでしょうか。

有名な観光地としては鹿島神宮、筑波山、等が有名です。

生活は都心部への通勤に出かける人が多い、東京のベッドタウンとして茨木に住んでいる人が多いのが特徴です。

しかし場所によっては過疎化の問題も深刻化しています。

鹿島臨海工業地帯を持っている東部は工業色が強いのが特徴です。

特産物は納豆を連想する人が多いと思いますが納豆以外には梅酒も人気がありますし、メロンは生産量が全国1位という特徴もあります。

また、あんこう料理が特産物としても有名ですので、様々な特産物と特徴を持っている県ということになります。