関東地方についてですが、関東地方というとどのようなイメージを持っているでしょうか。

関東地方は面積だけを見てみるととても広大ですので、北部、南部等で分けた場合には機構や方言等も特徴がかなり違っています。

関東地方は標準語を話す地域というイメージを持っている人もいるかもしれませんが地域によっては標準語を離さない地域もありますので場所によっても大きく違いがあります。

関東地方の気候ですが、日本海側の気候と南日本気候があります。

群馬県の北部や上越国境の一部分は日本海側の機構となっていて小笠原諸島は南日本気候なので、同じ関東地方でもやはり場所が広いだけにあちこちで気候の違いが出ています。

それ以外の平野部では一般的にはどちらかといえば温暖で、そして穏やかな気候です。

海洋性気候や内陸の関東地方では内陸気候です。

関東地方は広いだけにやはりかなり気候が色々と混じっていることがわかります。

場所によって分けてみると群馬県と栃木県、そして埼玉県の北部において花入り口ですが、雷がとてもよく発生するという特徴があります。

そして最近夏になると関東内陸部はかなり猛暑日が続くということでも知られているのが特徴です。

topinfo

次に見てみるのは方言です。

標準語を話すイメージを持っている人は多いですが、関東地方の中でも標準語を離さないところもあります。

茨城県、栃木県は福島県と隣接していることもあり、これらの地方では茨木弁や栃木弁、福島県で使われている東北弁がそのまま伝わっていることでも知られています。

南関東はどうでしょうか。

こちらは標準語を使っているところがとても多いのですが、この場所はいろいろな土地から引越してきた人、移住してきた人が多いからかもしれません。

そのようなこともあって標準語を使う人が多いのでしょう。

東京には方言がないと思っている人もいるかもしれませんが、実際は東京にも下町言葉は昔から使われていますし、東京弁はあるのです。

東京といえば標準語のようなイメージがあるからあまり知られていないかもしれませんが、実際は標準語以外の下町言葉と言われているような言葉も使われているのが現状です。

関東地方の特徴を気候と方言から見てみましたが、関東という場所はとても広くて気候や文化もいろいろあり言葉も様々で、どの都道府県をとってみても同じではないということがよくわかりました。

場所によってこれまでの歴史も違いがありますが、関東地方という括りで見ると共通している点も多いでしょう。

 

[人気] 元気で健康的なカラダを作りたいというあなたにオススメするのが、【オクスリクリニック】の海外医薬品です。男性向けの商品にはバイアグラ(シルデナフィル)性力増強剤などが人気です。また女性向けの商品には避妊薬(アイピル)食欲抑制剤(ゼニカル)なども販売しております。興味のある方はこの機会に是非ご参照下さいマセ。